オーストラリア

バロッサ ジョベン 2017 スモールフライ ワインズ 赤ワイン tp S 新作入荷,安い

■輸入元様資料より抜粋■ 一部は全房醗酵。 醗酵は野生酵母 によります。熟成は 最新の酸素透過性を持つプラスティック製のタンク (Flex Tank)で6ヶ月間行われます。 清澄、フィルターはしていません 。酸化防止剤SO2はボトリング時のみごく僅かの添加です。 INFORMATIONNameBarossa Joven Smallfry Winesブドウ品種テンプラニーリョ45%/グルナッシュ40%/モナストレル8%/バスタルド5%/ティンタ・アメリア2%生産者名スモールフライ ワインズ産地オーストラリア/南オーストラリア/バロッサ・ヴァレーRegionAustralia/South Australia/Barossa Valley内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

バロッサ ジョベン 2017 スモールフライ ワインズ 赤ワイン tp S 新作入荷,安い —— 3,500円

オーストラリア

バロッサ ロゼ 2017 スモールフライ ワインズ ロゼワイン tp S 限定セール,定番

INFORMATIONNameBarossa Rose Smallfry Winesブドウ品種サンソー生産者名スモールフライ ワインズ産地オーストラリア/南オーストラリア/バロッサ・ヴァレーRegionAustralia/South Australia/Barossa Valley内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

バロッサ ロゼ 2017 スモールフライ ワインズ ロゼワイン tp S 限定セール,定番 —— 3,500円

オーストラリア

ペンフォールズ g3 赤ワイン tp S 得価,お得

日本限定30本! 既に、一部専門誌やメディアで話題になっていた、 グランジの世界的限定品『g3』 がタカムラに入荷しました! 『g3』は… パーカーポイントで100点を獲得した2008年。 99点を獲得した2012年。 まだリリース前の2014年。 この 3種をブレンド した、 規格外のグランジ なのです! 全世界で僅か1200本しか生産されておらず、 日本には30本 しか入荷していないという極少量の割当品が、今なら タカムラに1本だけあります!! 早い物勝ちです!! g3 = グランジ 2008年 + 2012年 + 2014年 それ以上でもそれ以下でもない、これらを掛け合わせた芸術品。 ■輸入元様資料より抜粋■ ワイン・スペクテーター誌及び、パーカー・ポイントの両誌で初めて100点を獲得した2008年。 パーカーポイントで99点を獲得した2012年。 そして秀逸なヴィンテージと予測される2014年のグランジをブレンドして完成させた、常識を打ち破る新しいグランジ。 全世界で1200本限定。 日本には30本のみ限定輸入。 【醸造責任者 ピーター・ゲイゴ氏のコメント】 『2008年がこのワインの方向性を示し、2012年は美しい優雅な味わい、光沢、バランスをもたらし、2014年は勢いをもたらした。 g3は、単なる2008年、2012年、そして2014年のブレンドではない。 全く別の味わいがある。』 INFORMATIONNamePenfolds g3ブドウ品種シラーズ/カベルネ・ソーヴィニヨン生産者名ペンフォールズ産地オーストラリアRegionAustralia内容量750mlWA97/Issue 1st Nov 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 誰もが認める… オーストラリアの最高峰! 先ずはお試し下さい!! オーストラリア・ワインの歴史を語る時、欠かせないのがペンフォールドです。 ペンフォールドの生み出すワインは、その数、何と、約1400万ケース。しかし、生産量の多さにかかわらず、手頃なものから、 最高峰のグランジ まで、そのどれもが高く評価されているというのは、ブドウの個性を生かしたワイン造り、土地を大切にした葡萄栽培の賜物と言えるのではないでしょうか。 南オーストラリア州、バロッサ・ヴァレーにある、ペンフォールドのワイナリーを訪れた際感じた印象は、その事を裏付けるように、大規模ながら、ゲストを迎えるスタッフの温かさ、自分達のワインに対しての誇りが感じられ、正に、 名実共にオーストラリア・ワイン界を代表 するに相応しいものでした。 南オーストラリア州マギルに、 1844年 、創設者のクリストファー・ローソン・ペンフォールド氏が最初の畑を取得。 この 偉大なワイナリー の歴史の第一歩は、ここから始まりました。 それから100年ほどの間、当時の風潮から、他のワイナリー同様、ポート・ワインのような、酒精強化ワイン造りを主とし、イギリスなどに輸出していました。 1950年、当時のチーフ・ワイン・メーカーだったマックス・シュバート氏が、ヨーロッパを旅し、ボルドーを訪れた事から、このワイナリーにとっての、大きな転機が訪れます。 旅から戻ったシュバート氏は、当時、誰も考えなかったボルドーのワイン造りのスタイルを開拓、酒精強化でない、現在の主流となったワインの品質向上に大きく貢献します。 そうして彼が生み出したのが、現在も 『オーストラリア・ワインの最高峰』 と言われるグランジ。 ですが、その道は当初、 順風満帆ではありません でした。辛酸を舐めざるを得なかったのは、先駆者ゆえの辛さ。当時、彼の考えが間違っていなかった事を証明するには、数年の年月がかかりました。 こうした、シュバート氏の 勇気ある改革 、ワインに対しての 熱い想い があって、現在もオーストラリア・ワイン界に 君臨 するペンフォールド。現在に続く絶え間ない品質への追求が、この座を 揺ぎ無い物 にしています。 グランジは別格かもしれませんが、普段飲みのものも、安心してお勧めできる、高品質ワインが揃っています。 数々のワインが、 頻繁にワイン雑誌 などで紹介されているのがその証拠。 国内外で、良い意味でブランド力のあるワイナリー。それは、ペンフォールドの 名に恥じないワイン を送り出し続けているからこそなのです。

ペンフォールズ g3 赤ワイン tp S 得価,お得 —— 162,100円